プロフィール

ニックネームYUME
自己紹介 音と言霊つむぎ 心象音楽家 〜二胡演奏•作曲•読み語り〜

 福本ゆめ Fukumoto yume

札幌出身。1999年、胡弓奏者「楊 興新」の音色に出逢い、本格的に二胡を始める。2001年、NY同時多発テロ後、ミャンマーの僧侶の依頼で「平和を祈るコンサート」に出演。2002年、山形県の出羽三山神社に参詣するご縁をいただいた際に日本の原風景に触れ、日本の心である童謡を唄い継いでほしいという願いから、ファーストアルバム「いつまでも」をリリース。2004年、NY在住の音楽プロデューサー「小田裕一郎」とアレンジでオリジナ曲11曲が収められたCDアルバム「Eternity」をリリース。宇宙物理学の博士、上出洋介氏の依頼で、オーロラをテーマにしたオリジナル曲を作曲し、2006年、AURORA組曲/Passionをリリース。2009年には自身の演奏活動10周年の10thアニバーサリーコンサート「天人結」を開催。記念ミニアルバム「天人結」をリリース。同時に天人結プロジェクトを立ち上げる。2011年には二胡レッスンルームを開くと共に、札幌、小樽、苫小牧において道新文化センターの講座を開設。通常のコンサート活動のほか、日本全国の神社仏閣での奉納演奏、カナダ・イエローナイフのAURORAコンサートや、中国・北京大学での招待演奏、カンボジアの小学校進呈式など、海外でも幅広く活動を行う。ほか、ラジオドキュメンタリーの音楽制作、人形劇の音楽担当など、さまざまな場面でメロディーを紡ぎ出し、楽曲を提供している。またライフワークとしてきたコンサートへ足を運ぶことのできない人々に向けて続けてきた、病院や施設への訪問演奏を、2014.9.11より、同時に完成したCD「ぬくもり」をお届けすると共に、「千の出逢いぬくもり訪問演奏」を、千カ所を目標に行なっている。
また、2014年5月より、宮澤賢治童話を彫り続けている木版画家佐藤国男氏との出逢いにより、文中にオリジナルのイメージ曲を作曲し、導入するという新たな読み語りの世界を作りだし、音楽会と共に展開している。

2015年12月より尺八奏者「上野美緒」とのユニット「Lotas sweets」をスタート、日本の民謡を新たに取り入れた幅広いジャンルで楽曲をアレンジして演奏活動を展開している。

URL:http://www.fukumotoyume.com   E-mail:office.yume-no.oto@tune.ocn.ne.jp
性別女性
職業専門職
最も幸せな時二胡の時間